QRコード
予約はこちら
フォレストこども・おとなクリニック TEL.058-297-1185
QRコード
予約はこちら

夜尿症

予約について
オンライン診察について
求人情報
上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
HOME»  夜尿症

夜尿症について

乳幼児期の夜尿をおねしょといいますが、5~6歳(小学校入学前後)以降になってもおねしょが続くものは、一般的に夜尿症と呼ばれています。

原因

夜尿の原因は、子どもの性格の問題や保護者の育て方の問題といわれることがありますが、そんなことはなく下記が原因と言われています。

  • 夜間の尿量が多い
  • 夜間の膀胱用量が小さい(未発達)
  • 睡眠障害(眠りが深い)
  • 心理的ストレス
  • 膀胱や腎臓の器質的な異常

など

夜尿症の治療

夜尿症は、多くは自然軽快していくことが多く、また、夜尿が身体に悪影響を及ぼすことがないことからそのままにしてしまいがちな病気です。
適切な治療を行えば、器質的疾患がない場合ほとんど治ります。
治療は基本的に水分管理をしっかりと行い、必要であれば薬物療法やアラート療法を行います。

治療するうえで以下の3原則が大切になってきます。

1.起こさず
膀胱に溜まった感覚を自覚させるためには尿をする前に起こしていると、かえって、起こされるから安心してしまうことがあります。
2.あせらず
夜尿症には自律神経の影響が大きく、焦ると、自律神経の変調を起こすためにはかえって、治りにくくなります。
3.怒らず
自律神経は、ストレスに反応しますので、怒られると、自律神経の変調を起こします。逆に夜尿しなかった時には褒めてあげましょう。
PageTop