QRコード
予約はこちら
フォレストこども・おとなクリニック TEL.058-297-1185
QRコード
予約はこちら

矯正歯科

予約について
オンライン診察について
求人情報
上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
HOME»  矯正歯科

矯正歯科とは

歯科矯正とは、もとの状態に戻す、あるいはもとの状態に近づけるという治療ではなく、新たな状態、より良い状態を作り出すための治療です。
しかしながら、ただ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。
矯正期間中は自宅でのセルフクリーニングだけでは、虫歯、歯肉炎、歯周病のリスクが高くなります。
そのため定期的に虫歯のチェック、歯のクリーニング、PMTC等の予防をお勧めします。

矯正歯科とは

永久歯がすべて生えている状態であればいつからでも治療を始められますが、永久歯がすべて生える前の子どものころからでも矯正治療は年代によってメリット、デメリットがあります。

○メリット

  • 仕上がりがよくなる
  • 歯並びが悪く生えてくる歯を減少させる
  • 顎の曲がりの程度を減らす
  • 手術の必要性が減る
  • 抜歯の可能性が減る
  • 装置をつける期間が短くて済む
  • 歯や顎への負担を減らすことができる
  • コンプレックスの解消

○デメリット

  • 治療期間が長くなることが多い
  • 矯正期間中、一時的に歯並びが悪くなることもある
  • 大人になってから再度矯正が必要になることがある
  • 治療の結果に差が出る
  • 装置によっては虫歯になりやすいものがある
  • 歯の根っこが溶けてしまうことがある

治療法

1.初診カウンセリング
まずはご両親やお子様の希望や疑問などをお伺い、矯正治療の概要や流れなどをご説明いたします。
2.精密検査(一期治療)
治療計画を立てるため、口の中を詳しく診察し、そのデータをもとに治療方法や期間、そして費用や支払い方法などをご説明します。
また、検査の結果が今すぐに治療する必要がないという状況でしたらしばらく様子を見て予防治療などをすることです。
3.矯正装置装着(小児期治療)
初めて矯正装置をつける時は1~2時間ほどかかります。装置をつけた直後は締めつけられるような感じや痛みを感じることなどがありますが、数日でおさまりますのでご安心ください。
装置をつけた後は、症状によりますが、3~8週間おきにご来院いただき、歯の状態チェックや装置の調整を行います。治療期間の目安は1~3年ですが、症状や装置の種類、治療の難易度によって変わってきます。
4.動的治療終了
歯並びやかみ合わせがきれいに整い、よく噛めるようになったら矯正装置を取り外します。この後、歯の位置が落ち着くまで1~2年の保定期間に入ります。
歯を支えている骨が新しい歯並びに合わせてしっかりと落ち着くまで、取り外し可能な固定用装置を使います。ここからは3ヶ月~1年に一度、メンテナンスのためご来院いただく必要があります。
5.保定観察終了
保定観察が終了しますと、歯磨きの指導やフッ素塗布などを行い、定期的なお口の健康管理に入り、しばらく経過を見ます。
第2期矯正歯科治療は、患者様の成長や歯の状態などでひとりひとり、年齢や時期が異なってきます。矯正歯科治療以外の優先されたい受験や進学などの環境的なことなども、患者様や保護者の方と話し合って、治療の時期を判断させていただきます。
6.精密検査(二期治療)
第1期動的治療を再評価し、永久歯咬合をどのようにしていくか等を検討し、第2期動的矯正治療の治療方針を決定するために必要な情報を集めます。
診断結果から第2期矯正歯科治療や保定観察に関しての治療計画や、予想される治療期間などについてご説明します。 最終的にご本人や保護者の方と治療方針について合意が得られるまで充分に話し合いをして、納得していただいた上で治療に入っていきます。
この時点ですぐに治療が必要ないと判断された場合は、しばらく様子を見ます。
7.矯正装置到着(成人期治療)
矯正装置を装着し、歯の並びとかみ合わせを整えていきます。
顎の大きさに対して歯が大きすぎれば、場合によっては抜歯することもあります。
上下顎のズレが大きい場合には、矯正歯科治療と口腔外科において外科的手術を併用した、外科的矯正歯科治療法が選択されることもあります。
8.動的治療終了
動的矯正歯科治療によって、綺麗に整った歯並びになり、きっちりと咬むようになったばかりの歯は、まだその周りの骨や歯茎が不安定で、その位置でしっかりと骨が支えられていませんので、元の位置へ戻ろうとします。
動的矯正歯科治療後は、必ず保定装置を使用して治療によって得られた咬合を安定させなければなりません。
この期間を保定観察期間と呼び、動的矯正歯科治療期間同様とても重要な時期です。
9.矯正治療終了
保定観察が終われば、矯正治療は終了となります。終了後、継続的に半年から1年に1度の間隔で来院していただき、かみ合わせの状態をチェックさせていただきます。
PageTop