QRコード
予約はこちら
フォレストこども・おとなクリニック TEL.058-297-1185
QRコード
予約はこちら

漢方による治療

予約について
オンライン診察について
求人情報
上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
HOME»  漢方による治療

漢方治療について

昔、日本では中国や朝鮮から入ってきた医学で治療されていました。
江戸時代になり、オランダ医学が入って来て、それらを区別するために、それぞれを「蘭方(西洋医学)」と「漢方(東洋医学)」と呼ぶようになったのです。
これだけ西洋医学(現代医学)が進歩しているのになぜ漢方なのかというところですがそれは西洋医学だけではすべての病気が治らないことからです。
もちろん漢方治療で全ての病気が治るわけではありませんが、少しでも多くの患者様が楽になるようにと考えて、西洋医学と東洋医学を併用した診療を行なっています。

漢方に向いている病気など

現代医学の進歩により、漢方の適応は常に変化しています。また同じ病名でも病気の段階によって治療法は変わりえます。疾患の中でもよく効く病気や西洋医学と組み合わせたほうが良いものまであります。

○漢方が効く病気

  • 冷え症
  • 痛み・しびれ
  • ヘルペス後疼痛・三叉神経痛
  • 頭痛
  • アレルギー性疾患
  • 慢性胃炎
  • 食欲不振
  • 精神的な影響の大きい過敏性腸症候群
  • 便秘・下痢
  • 月経障害
  • 更年期障害
  • かぜ症候群
  • 慢性の咳嗽
  • 慢性喘息
  • にきび
  • 老人性掻痒症
  • 腎泌尿器系を検査しても異常がないのに、小便が近い、下腹部、陰部に疼痛、違和感
  • 慢性腎不全
  • 虚弱児
  • 夜尿症
  • 特発性血小板減少性紫斑病の虚証(やせて元気のないタイプ)
  • リウマチ
  • 鼻炎、扁桃炎、中耳炎を慢性に繰り返す方
  • 口内炎
  • 肥満
  • 脳血管障害後のしびれ
  • 疼痛
  • 耳鳴
  • 糖尿病性神経障害
  • 慢性肝炎

○西洋医学の補助として治療する病気

  • 高血圧
  • 虚血性心疾患
  • 高脂血症
  • 消化性潰瘍
  • 肝硬変
  • 慢性腎炎
  • 悪性腫瘍
  • 気管支拡張症、肺気腫(重症度による)
  • 蕁麻疹(重症例、難治例の場合)
PageTop